SHIINBLOG

走り出した足が止まらない!

あなたの趣味と生活に彩りを!

役員報酬が...欲しいか?

特別定額給付金の10万円がいつ届くのかにヤキモキしている人がいる一方で、世の中には一般人が想像もつかない額の報酬を受け取っている人たちがいます。


会社の経営を担う役員と呼ばれる人たちは、その重責の対価として多額の報酬を受け取っています。

 

有価証券報告書を提出する上場企業では、役員が1億円以上の報酬を受け取っている場合はその報酬の総額・種類などを公表しなければいけません

  

 

とんでもない金額がズラリと並んでおりますが、一般社員が何十年かけて得る金額を1年間で獲得してしまうのですから、役員という肩書にはそれ相応の責任を感じてほしいものですね。

 

さて、別に金額が多いことに対してやっかみをするつもりではなく、役員報酬とは我々がもらう給与とは、若干違った性質があるということをお話していきたいと思います。

 

 

  

 

先生、役員報酬が欲しいです...

 

豚猫カンパニーの平社員、ブタ君は入社5年目の営業部のエースです。いわゆるサラリーマン。毎月お給料をもらっています。そんなブタ君がある日こんなことを言い始めました。

 

僕も役員報酬が欲しいです!!!営業部で一番の成績を残しているし、オフィスで何をしてるか分からない役員の人達よりもお金をもらう権利があると思います!

 

5年目にして、いまだにこんなことを言っているブタ君には教育が必要ですね。

 

さて、そもそもブタ君の発言には、平社員の給与と役員の報酬についての認識の違いがあります。

 

平社員であるブタ君は会社と雇用関係にあり、支給される給与は「労働の対価」です。

 

一方で役員報酬とは、法人の取締役や監査役といった役員・経営者側がもらうもの、つまり「経営に対する報酬」です。

 

どれだけいい営業成績を残していても、雇われ側の平社員であるブタ君が役員報酬をもらうことはできません。

 

平社員=給与=労働に対する対価

役員=役員報酬=経営に対する対価

  

いくら欲しいんだ、言ってごらん....

 

納得のいかない、お金の亡者のブタ君はこんなことを言い出しました。

 

豚猫カンパニーは年功序列の会社で、給与の昇進テーブルが決まっているのに、なんで役員の方々の報酬は、飛びぬけて高いんですか!?ズルくないですか!?

 

役員の報酬が高いことに納得のいかないブタ君ですが、役員の報酬というのはやはり平社員の給与とは違うのです。

 

平社員の給与というのは、会社が設定している給与水準を元に、業務成績・会社の業績等を考慮して決定されます。

 

しかし役員の報酬と言うのは、「役員自身が金額を決めることができる」のです。

 

平社員=給与=会社側に金額を決められる

役員=役員報酬=役員自身が金額を決められる

  

なんだって!!こっちは泥をすすりながら働いていて、それでも雀の涙の昇給に文句も言えないのに、そっちは自分で報酬額を決められるだと!!ふざけんな!!(でも正直羨ましい.....)

 

ただし、実際には

 

俺役員だけど、ランボルギーニ買いたいから役員報酬5億にするわ!

 

みたいなことは、できません。役員報酬の設定にも決まりがあります。

 

そこらへんはまた次回解説していくことにします。 

 

 

  

f:id:mitsuo716:20200629065146j:plain