SHIINBLOG

走り出した足が止まらない!

あなたの趣味と生活に彩りを!

ラーメン二郎の「マシ」のシステム【知恵袋回答①】

今回から始めました「知恵袋に回答しよう」のコーナーです。

 

長年ブログをやっていると、自分の中の「疑問」や「不安」というのがなかなか見つからなくなってきてしまうので、他の人が感じたことを拝借することにしました。

 

さて初回のテーマですが、大好き「ラーメン二郎」に関する質問です。

 

 

ヤサイ半マシなんて注文はできますか?」という質問ですが、正直これは出来るととは思いますが、半マシとコールしても期待する半マシになって出てくるかは分からないという感じです。

 

それではラーメン二郎の「マシ」のシステムについてちょっと詳しく解説していきます。

 

 

 

ラーメン二郎の「マシ」のシステム

「マシ」コールをするタイミング

ラーメン二郎の大きな特徴といえば、トッピングを自分好みにアレンジできる「マシ」のシステムです。

 

「マシ」とはその名の通りトッピングの量を多くすることです。逆に「少な目」や「麺半分」などのアレンじをすることもできます。

 

お店によって若干異なりますが、二郎でラーメンを食すまでの流れは以下のようになっています。

 

①列に並ぶ

②ほどよいタイミングで食券を買う

③「麺固め」にする場合は着席前、もしくは着席直後に言う

④店員さんにトッピングをどうするか聞かれるので、「マシ」のコールをする。

⑤着丼したら黙々と食べる

⑥食べ終わったら丼をカウンターの上に置き、タオルでテーブルを拭いて退転

 

よく並んでる最中や、着席直後にトッピングを伝える人がいますが、「後で聞きますので」と店員さんに言われてるシーンをよく見ますので、店員さんに聞かれてから答えるというのが良いかと思います。

 

「マシ」コールの種類

二郎で「マシ」することができる基本トッピングは以下の4つです。

 

①ヤサイ

二郎といえば「ヤサイが天高く積まれている」というイメージが強い人もいると思いますが、それはこのヤサイコールをした人の丼です。ヤサイは「もやしとキャベツ」です。お店によってもやしとキャベツの割合はけっこう違いますが、感覚としては「もやし:キャベツ=7:3」くらいじゃないかと。

 

②ニンニク

滋養強壮に抜群、ある意味二郎を二郎たらしめている存在「ニンニク」です。

店によって刻みニンニクだったり、すりおろし気味だったり微妙に異なります。

 

③カラメ

あまり聞き馴染みが無い言葉という人もいるかと思いますが、「カラメ」とはスープの味を濃くすることです。カネシ醤油の液を追加してくれます。お店によってはカネシ醤油が入ったボトルが席に置いてあって食事中にセルフで自由に追加できるところもあります。

 

④アブラ

「アブラ」は背脂の追加です。悪魔の権化みたいな背脂の塊をドンっと追加してくるお店もあれば、程よくほぐされたトロトロの背脂を乗せてくれるお店もあります。

 

二郎の「マシ」コールの量の調節

率直にいうと二郎の「マシ」のコールをどのように伝えるかは明確なルールがありません。

 

僕が今まで聞いたことがあるコールは

・マシ

・マシマシ

・全マシ

・チョイマシ

・少な目

・半分

・チョモランマ

・気持ち多め

 

など様々です。お店によってはマシマシコールすると「うちはマシマシやってないんですよ」と言われるところもあります。

 

ちなみに半マシというコールは聞いたことがありませんが、言えばできると思います。ただ「それってどれくらい?」って聞きかえされる可能性はあります。

 

また以下の要素によって同じマシでもお店によってその量は変わってきます。

 

①そもそもお店によって、基本の量が違う

二郎はのれん分けにより新店舗が出来ていくシステムであり、麺や野菜の量はその店の店主の裁量に任せられています。

 

そのため同じマシといっても川崎店と野猿街道店では盛りの量が大きく異なってくるのです。

 

②店員によって盛る量が違う

二郎のお店は2、3人の店員によって回されていますが、マシの盛りを誰が行うかはお店によって変わります。盛る人が固定されていたり、お客さんの席に近い人が盛ったりです。

 

また店長以外のアルバイトの人がマシの盛りをする際は、バイトのシフトによって人が変わるります。

 

二郎のマシは厳密に軽量して量を決めているわけではないので、もちろん人によって盛る量の差が生まれてきます

 

結論

それでは改めて結論ですが、ヤサイ半マシなんて注文はできますか?」という問いの答えは、半マシという注文自体はできると思います。

 

ただしそもそものマシの量は、行ったお店や、盛りを行う店員によって差が生まれてくるので、期待している量で出てくるかは定かではありません

 

ですので自分の好みの量で食べたい場合は、お気に入りの店舗を見つけて何度も通って、「このコールをしたらこの量で出てくる」というの自分なりに調べていくというのがよいかと思います。

 

自分の最適コールが見つかるころには、あなたも立派なジロリアンです。

 

 

 

f:id:mitsuo716:20200327073617j:plain